小牧市にあるのむら内科外科ファミリークリニックの湿潤療法

0568-48-4170

0568-48-4173

愛知県小牧市中央5丁目366番地

愛知県小牧市中央5丁目366番地

Wound湿潤療法

湿潤療法について

湿潤療法の原則

すり傷、やけどに対して「消毒液を使わない」「ガーゼを使わない」「乾燥させない」「かさぶたをつくらせない」を原則として行う治療法です。

傷口は水道水で洗浄し、
消毒液は使わない。

傷口を乾燥させるガーゼは使わず、
創面を乾燥させない創傷被覆材を
使う。

かさぶたを作らない。

抗生物質は必要時に
短期間使用する。

外傷、熱傷を
きれいに治療

創が自ら治ろうとするために排出する浸出液(細胞成長因子=細胞培養液)を創傷被覆材(デュオアクティブやプラスモイストなど)で覆うことにより自然治癒力を促します。
湿潤療法では傷を乾燥させないため痛みが少なく、かさぶたを作らないのできれいに治癒します。

湿潤療法のメリット
  • 傷跡が残りにくい
  • 皮膚を再生する細胞を守るため、傷の治りが早い
  • 傷の表面を湿らせているので、痛みが出にくい(乾燥すると痛みが出やすい)
  • 密閉するため、水がかかっても問題がない
  • ガーゼのように傷にくっつくことがないため、交換時の痛みが少ない

創傷治癒過程

創の表面は「真皮」が露出しています。この真皮は乾燥に非常に弱く乾燥すると傷の再生がストップしてしまいます。消毒液はこの真皮を障害し傷の治癒を遅らせ、ガーゼは浸出液をどんどん吸収して傷を乾燥させるため、傷の再生が進まず、最後に「かさぶた」になってしまいます。「かさぶた」は表皮と真皮のミイラであって、決して「かさぶたができたから治った」のではありません。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
当院は「なつい式」湿潤療法に登録された医療機関です。